ヘッダー



家族の医療費をあわせる「世帯合算」

医療費の窓口支払額が多い場合、健康保険から一部返金される”高額療養費” この高額療養費は、1ヶ月のうちに支払った医療費の合計金額から、 計算によって求められた自己負担限度額を越えた部分に対して返金を受けられます。
この”支払った医療費”の部分。実は、個々の金額だけで比較する以外の方法があるのです。

それが、”世帯合算”と呼ばれるものです。 世帯合算は、同一世帯で支払った医療費を合算して申請できる特例です。 世帯の一人ひとりの同一医療機関での医療費の支払が、1ヶ月のうちで21,000円以上ある場合が対象です。
この場合、個人が自己負担限度額を超えていなくても21,000円以上の医療費を世帯全員分で合算して申請することができます。

では、実際に金額を出してみましょう。

〜標準報酬月額28万〜50万の場合〜 自己負担限度額=80,100円+(総医療費−267,000円)×1%

夫(総医療費150,000円 窓口支払45,000円)
妻(総医療費250,000円 窓口支払75,000円)

妻のみ・・・80,100円+(250,000円−267,000円)×1%=79,930円となり、
窓口支払の金額のほうが少ないため返金はありません。
しかし世帯合算すると、

80,100円+(150,000円+250,000円−267,000円)×1%=81,430円
45,000円+75,000円−81,430円=38,570円

となり、38,570円の返金があります。

申請方法が不明な場合や詳細が知りたい方は、お勤めの会社の社会保険担当に問い合わせをしてみてください。

療養費について