ヘッダー



いくら戻る?自己負担額について

医者

1ヶ月以内の医療費の支払が高額になったとき、健康保険でその費用の一部が払い戻される制度があります。
この制度を”高額療養費”制度と言います。 では実際、いくら戻るのでしょうか?

高額療養費は、対象者の年齢や所得状況に応じて自己負担限度額が設けられています。
この自己負担限度額を超えた部分の金額が、医療費の戻ってくる金額となるわけです。

では実際、どのような区分になっているのか見てみましょう。

まず、年齢の区分は70歳でわかれます。
70歳未満の場合、自己負担限度額は所得状況に応じて5つの区分に分けられます。
@標準報酬月額83万円以上・・・252,600円+(総医療費−842,000円)×1%
A標準報酬月額53万〜79万・・・167,400円+(総医療費−558,000円)×1%
B標準報酬月額28万〜50万・・・80,100円+(総医療費−267,000円)×1%
C標準報酬月額26万円以下・・・57,600円
D低所得者(非課税者)・・・35,400円

70歳以上75歳未満の場合、自己負担限度額は3つの区分に分けられ、個人ごと世帯ごとで限度額が異なります。

@現役並みの所得者・・・外来(個人ごと)44,400円 外来・入院(世帯)80,100円+(医療費−267,000円)×1%
A一般所得者・・・外来(個人ごと)12,000円 外来・入院(世帯)44,400円
B低所得者(非課税者)・・・外来(個人ごと)8,000円 外来・入院(世帯)24,600円

複数病院へかかったときや、長期の入院を有する治療を受けたときなど該当する可能性があります。 ぜひ調べて、治療費の負担を少しでも減らしましょう。

もしどうしてもお金が必要な場合になったら、即日融資OKのカードローン※銀行vs消費者金融を徹底比較のサイトを参考にしてみてください。

療養費について